2016年撮り納め〜焼石・下呂遠征〜

さて、長らく感覚が空いてしまいましたが、2016年の撮り納めとしまして飛騨、下呂へ行ってまいりましたので半年分飛ばしまして更新したいと思います。
まずは東海道線から岐阜で高山本線に乗り継ぎ、焼石を目指します。
IMG_2394.JPG
途中、美濃太田駅で15分ほど停車時間があったので長良川鉄道を。平成21年に製造されたナガラ500形とのこと。
駅弁を数少なくなった立ち売りで購入。

at-2396.jpg
美濃太田から1時間強、列車は飛騨川に沿って走り焼石駅に到着。ここから撮影地まで40分ほど歩きますが、まずは飛騨古川へ向かうひだ5/25号を駅そばの中山大橋より狙います。

at-2425.jpg
【高山本線 焼石-飛騨金山】ワイドビューひだ5/25号
下流にダムがあるため水深が深く、深緑色の飛騨川が映えます。

at-2439.jpg
【高山本線 焼石-飛騨金山】ワイドビューひだ5/25号
同位置より。SS設定が中途半端でした()
国道41号線に出て、飛騨金山方面へ歩きます。

at-2459.jpg
途中、カワアイサの群れを発見。カワアイサ以外越冬カモが見られませんでした。かなり距離がありましたが警戒心が強くすぐに移動してしまいました。

at-2497.jpg
さて、焼石駅から国道をひたすら歩き撮影地のダムに到着。風が冷たい()

at-2482.jpg
【高山本線 焼石-飛騨金山】キハ25形
幸い晴れていたので波打つ湖面に光が反射し助かりました。欲を言えば風のない曇りか雪が良かったんですが…笑

at-2527.jpg
【高山本線 焼石-飛騨金山】ワイドビューひだ7号
光の扱いが大変ですが、様々な構図が楽しめます。やはりメインは長編成の特急びだです。

at-2535.jpg
【高山本線 焼石-飛騨金山】ワイドビューひだ7号
針葉樹とダム湖の整然とした感じが良いんですがどうしても単調になりがちなのでどう構図を取るかが難しいところです。

at-2582.jpg
at-2587.jpg【高山本線 焼石-飛騨金山】ワイドビューひだ8号
ひだ7 号が通過して間もなく8号が通過します。この区間の普通列車は2時間ヘッドなので2本で撤収、焼石駅へ戻ります。

at-2611.jpg
【高山本線 焼石-飛騨金山】ワイドビューひだ10号
焼石駅へ戻る途中、行きに気になっていた吊り橋から10号を狙います。日がさせばかなり良さそうですが果たして日と列車が合う季節と時間帯はあるのでしょうか。

この後、普通列車で温泉街、下呂へ。

at-2627.jpg
【高山本線 焼石-禅昌寺】ワイドビューひだ12号
温泉に入る前に駅と温泉街をつなぐいでゆ大橋から最後の2本を狙います。
12号は構図を定める前に来てしまいあえなく撃沈()

at-2647.jpg
【高山本線 焼石-禅昌寺】ワイドビューひだ11号
最後の11号は太陽と時間との勝負でしたが、何とか鉄橋に日が残りました。


そしてこの後、温泉で冷え切った体を温め帰路に着きました。
下呂温泉、かなり活気があり驚きました。規模も大きく、以前訪れた関東の某M温泉とは対照的でした。ぜひぜひ再訪したい飛騨路の旅となりました。
2016年の更新はこれをもって終了させていただきます。一年間ありがとうごいざました。来年もどうぞよろしくお願い致します。
posted by 鳥鉄 at 22:10京都 ☀Comment(0)JR東海

上洛した583系「超会議臨」と富機HM付きEF81〜高槻、千里丘ナイト〜

さて、既に「今は昔」となってしまったものですが…まぁのんびり。。
今回は4月のニコニコ超会議号とHM付きのEF81です。

Img_43891

????M 583系N1/N2編成 高槻駅にて
まずは85レのついでに583系ニコニコ超会議号を。高槻で狙いましたがまぁこうなることは想定済み(笑)
そして千里丘へ移動。。

Img_44221_2 Img_44231

85レ EF81-721号機牽引「富山機関区50周年記念HM付」 千里丘駅にて
ということで、本命の85レ。片エンドのみの取り付けかつ短期勝負ですのでこの機を逃すわけにはいきませんでした。止まってはいますが…ピンがイマイチですね()






↓Blogランキングに参加しています。ご自由に(笑)↓

鉄道コム






桜咲く湖北に銀釜譲渡回送〜マキノ海津大崎〜

さて、当ブログもようやく桜が咲きはじめましたが、外を見れば葉が散り始めている今日この頃でございます。
今回はEF510の銀釜譲渡回送です。3月のカシオペアの運行終了後すぐの回送…春…桜…湖西…!!ということでマキノの清水桜へ向かいました。


Img_3777【湖西線 永原-マキノにて】配6550レEF510-504号機ムドEF510-510号機
牽引機は青釜とこれはまたJR東日本時代を彷彿とさせる組み合わせです。青、緑、シルバー、桜色の組み合わせがまた良いものです。
ただでさえ2度しかない銀釜譲渡回送の一回をこのようなロケーションで見送ることができ感謝感謝です。
この後、山崎へ先回りしもう一発。

Img_3793【JR京都線】山崎-島本にて
大津京停車が思いの外短くギリギリでした。危ない危ない。。
ということでこれにて撤収。今更なんですが未だに銀一色になってから510/509号機を撮っていないことに気付き焦っています()



〜おまけ〜

4341【東北本線 栗橋-東鷲宮】8010レ EF510-510号機牽引
最後にJR東日本時代の510号機を。

人気記事