EF65-2127号機全検後初の関西運用

さて、カラシことEF65-2127号機がこの度全般検査を終了し、現行塗装のまま出場、早い内に抑えておきたいなと思っていたところ早速5087レで東海道線を下っているとのことでしたので沿線へ。

at-4796.jpg
5087レ EF65-2127号機牽引
無事順光カットを頂きました。ここは3人でもかなり厳しいですね笑

at-034.jpg
全検前に同じ場所で撮影したもの。貨車も塗装も被り電も変わりました。唯一被り電だけは退化していますが(笑)

at-4800.jpg
5087レ EF65-2127号機牽引
膳所退避中に追い越したので最後に京都駅で一発。ここも構図が大きく変わりましたが未だに撮影者は多く。。なんなら以前より増えたかもしれません。決して構図が良くなった訳でもありませんし…何故でしょう()

以上です。
posted by 鳥鉄 at 22:48京都 ☁Comment(0)JR貨物

撮り初め烏山遠征〜撤退迫る首都圏のキハ40を〜

皆様、新年明けましておめでとうございます。気付けばもう20日も経ってしまいました。。
さて今回は2017年の撮り初めということで撤退の迫る烏山線のキハ40を狙い、新年早々一路栃木県へ。
朝一に京都を出て宇都宮には9時半の到着。烏山線に乗り継ぎまずは滝へ。
at-2920.jpg
烏山線1332M(代走) 烏山-滝にて
1本目は滝駅から烏山方面にぶらぶら歩き適当な踏切で。ただ、昨年の減便で日中2時間ヘッドになってしまったので撮影は非常に非効率です。

at-2775.jpg
at-2823.jpg
烏山行きの列車が来るまでの間、那須烏山市の観光地、龍門の滝を訪れます。

at-2974.jpg
烏山線331D 滝-烏山にて
烏山線と言えばこの構図というほど有名な龍門の滝。331Dは滝と線路どちらにも日があたる絶好の列車です。夕方になると滝に影が落ちるようですね。さて、ここから小塙へ徒歩で移動。2.5kmほどですので40分歩けば着けます。

at-2986.jpg
at-2988.jpg
烏山線334D 滝-小塙にて
334Dは首都圏色が先頭。光線は完全順光とはいかないようです。本命は次の1336Mでしょう。


at-3007.jpg
烏山線1333M(代走) 大金-小塙にて
さて、大金で離合があるため10分少々で烏山行きの列車がやって来ます。荒川を渡る構図を狙おうとしましたが既に日があたっていませんでしたの無難に駅真横の道から撮影。本命の1336Mはこの折り返しとなります。


at-3053.jpg
at-3058.jpg
烏山線1336M(代走) 滝-小塙にて
334Dから2時間後、1336Mが到着。狙い通り光線は抜群です。烏山線の三色全てのキハ40を抑えられて一安心です。ということでこの1336Mで撤収。
この後、宇都宮線でのんびり帰京しました。
posted by 鳥鉄 at 23:58京都 ☁Comment(0)JR東日本

2016年撮り納め〜焼石・下呂遠征〜

さて、長らく感覚が空いてしまいましたが、2016年の撮り納めとしまして飛騨、下呂へ行ってまいりましたので半年分飛ばしまして更新したいと思います。
まずは東海道線から岐阜で高山本線に乗り継ぎ、焼石を目指します。
IMG_2394.JPG
途中、美濃太田駅で15分ほど停車時間があったので長良川鉄道を。平成21年に製造されたナガラ500形とのこと。
駅弁を数少なくなった立ち売りで購入。

at-2396.jpg
美濃太田から1時間強、列車は飛騨川に沿って走り焼石駅に到着。ここから撮影地まで40分ほど歩きますが、まずは飛騨古川へ向かうひだ5/25号を駅そばの中山大橋より狙います。

at-2425.jpg
【高山本線 焼石-飛騨金山】ワイドビューひだ5/25号
下流にダムがあるため水深が深く、深緑色の飛騨川が映えます。

at-2439.jpg
【高山本線 焼石-飛騨金山】ワイドビューひだ5/25号
同位置より。SS設定が中途半端でした()
国道41号線に出て、飛騨金山方面へ歩きます。

at-2459.jpg
途中、カワアイサの群れを発見。カワアイサ以外越冬カモが見られませんでした。かなり距離がありましたが警戒心が強くすぐに移動してしまいました。

at-2497.jpg
さて、焼石駅から国道をひたすら歩き撮影地のダムに到着。風が冷たい()

at-2482.jpg
【高山本線 焼石-飛騨金山】キハ25形
幸い晴れていたので波打つ湖面に光が反射し助かりました。欲を言えば風のない曇りか雪が良かったんですが…笑

at-2527.jpg
【高山本線 焼石-飛騨金山】ワイドビューひだ7号
光の扱いが大変ですが、様々な構図が楽しめます。やはりメインは長編成の特急びだです。

at-2535.jpg
【高山本線 焼石-飛騨金山】ワイドビューひだ7号
針葉樹とダム湖の整然とした感じが良いんですがどうしても単調になりがちなのでどう構図を取るかが難しいところです。

at-2582.jpg
at-2587.jpg【高山本線 焼石-飛騨金山】ワイドビューひだ8号
ひだ7 号が通過して間もなく8号が通過します。この区間の普通列車は2時間ヘッドなので2本で撤収、焼石駅へ戻ります。

at-2611.jpg
【高山本線 焼石-飛騨金山】ワイドビューひだ10号
焼石駅へ戻る途中、行きに気になっていた吊り橋から10号を狙います。日がさせばかなり良さそうですが果たして日と列車が合う季節と時間帯はあるのでしょうか。

この後、普通列車で温泉街、下呂へ。

at-2627.jpg
【高山本線 焼石-禅昌寺】ワイドビューひだ12号
温泉に入る前に駅と温泉街をつなぐいでゆ大橋から最後の2本を狙います。
12号は構図を定める前に来てしまいあえなく撃沈()

at-2647.jpg
【高山本線 焼石-禅昌寺】ワイドビューひだ11号
最後の11号は太陽と時間との勝負でしたが、何とか鉄橋に日が残りました。


そしてこの後、温泉で冷え切った体を温め帰路に着きました。
下呂温泉、かなり活気があり驚きました。規模も大きく、以前訪れた関東の某M温泉とは対照的でした。ぜひぜひ再訪したい飛騨路の旅となりました。
2016年の更新はこれをもって終了させていただきます。一年間ありがとうごいざました。来年もどうぞよろしくお願い致します。
posted by 鳥鉄 at 22:10京都 ☀Comment(0)JR東海

人気記事